スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

とりあげババがあからさまにROCKしたる梅雨時のよもすがら

さて、ぎっくり腰はだいたい治ったのだが、せっかくのぎっくり腰なので、前に紹介したamazonから直で図書館予約で借りだめしていていた本を一気読みしてやろうと思ったのだが、ひょんなことから「龍馬伝」などななめ視聴したりして思ったほどには読み進まなかった。(龍馬伝は意外におもしろいな。)

とはいえせっかくの機会であるし、読んだ本からちょっとおもしろかったことをピックアップしてみる。





日本語の歴史について今回、改めて気づいたこと。



“にほんご”には最初文字がなくて、中華圏から漢字を輸入して文字が生まれたことはご存知のとおり。だけど輸入した頃から4~500年間くらいは「かな」が発明されていなかったので、いわいる万葉仮名と呼ばれる当て字を(夜露死苦で「よろしく」と読むみたいなもの)使ってました。漢字の本来の意味とは全然関係なく、漢字を発音記号に置き換えてしまったわけです。だから「夜露死苦」みたいな言葉遊びのセンスは、実はしっかりしたルーツをもってるのね。

あともう一つ発明された漢字による“にほんご”運用戦略が、もっと強引なやつ。
それは今日で言う、「訓読み」。
かんが
「鑑みる」

みたいなヤツですね。
どうしてこれが強引なのか。
それはちっと考えて見ればわかるのだけど、全くの外国語文字に自分の国の言葉をおっかぶせて読むというのはものすごく強引なことばなのよ。たとえば、

      あなた
わたしはYouがすきです。
あい    このよ
Loveだけがworldのすべてです。

これと同じことをしてるわけ。(今の中国人はどう思ってるんだろ?)

そこにはルールなんてない。Loveを「あい」と読もうが「こい」でも「すきなひと」でも、「サザンの歌だぜ」でも、なんでもあり。
だから、いまでこそ、明治以降の「常用漢字」政策で収斂されているものの、江戸期以前の訓読みはかなり奔放だった。


まず平安~鎌倉の頃。


よもすから
通夜

ささやく
私語

かたみ
記念

あからさま
白地


「かたみ」なんぞはどうも今風。
次は江戸期にはなるけど、

とりあげばば
収生嫗

あだなるふみ
艶書

みそかごと
密会

こんなのはおもしろいと思う。(もちろん文脈や文体が問題だけど。)


こんなのもあるか。
長訓読み選手権


       えんしゅうりつ オレのいきかた
「夜露死苦」とか「π」とか「ROCK」とか、
根本的にはまちがってない。(いきかたが間違ってるかもしれないけど、それは知らない。)



こういうことを読んでいると、日本語は「ルール」じゃなくて「こう読みたい!」「こういう言葉をつかいたい!」っていう意見の集合知にコントロールされているって事を感じてくるのよね。

ただし、「ただしい言葉使いをしたい!」っていう意識がメタ的に働いているので、テンテンバラバラになるわけじゃないけど。


さらにそこから進めて考えて見ると、結局にほんご的ルールっていうのは、柔軟で融通が効くけど、原理原則はなりたたず、恣意的な力の支配する「世間」なんだ。みたいな話になってくるんだけど、そういうベンチャラはヤメにしてもう寝ることにします。




振仮名の歴史 (集英社新書)振仮名の歴史 (集英社新書)
(2009/07/17)
今野 真二

商品詳細を見る


オノマトペがあるから日本語は楽しい―擬音語・擬態語の豊かな世界 (平凡社新書)オノマトペがあるから日本語は楽しい―擬音語・擬態語の豊かな世界 (平凡社新書)
(2009/07)
小野 正弘

商品詳細を見る

関連記事
.15 2010
歴史とか comment(2) trackback(0)

comment

しほう
そういうべんちゃらも聞きたいです。
続編を!
2010.06.15 19:56
ab
べんちゃらについてだけど、もうちょっとにくづけしてからにします。

暫く
2010.06.16 23:55

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://abahen.blog129.fc2.com/tb.php/30-40b7e500

ぷろふぃーる

京都在住の阿部です。 地図と薀蓄で一杯やりましょっ なんとなくデザインをもとに戻しました

リンク

カテゴリ

最新コメント

ブラグ ウポン タンブラ

National Geografice 今日の写真

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。