スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

風邪をひくと子供の頃を思い出す


外ですれ違う人間全員にそれぞれの人生があって、それが1億人もいるかと思うと気が狂いそうになる

38: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/11/18(金) 21:19:18.61 ID:8SrSzOQA0
おおなんかわかるぞ
実家の近所とかで昔と変わらない風景とか見たときに
おれほんとに昔、この周辺に住んでたんだろうか
って疑問になるのと似た感覚だよな


50: 名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/11/18(金) 21:26:48.48 ID:FmUc2rxa0
新聞の社会欄で交通事故で男性(34)死亡とか女性(57)とかよく書いてあるが、
そういった人達にも長い長いドラマがあったんだねぇ 
こういうの考え始めると、何か吸いこまれそうになる


74: 名無しさん@涙目です。(北海道):2011/11/18(金) 21:53:03.16 ID:xX64gbz80
あんまり古過ぎるとリアリティないが、昭和の古臭い写真とかみると、
なんか切なくなってくる

今もやってるんかは知らんけど、NHKが深夜にやってるSL動画
なんかも、悟りを開いちゃいそうなくらいのヤバさ


95: 名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/11/18(金) 22:06:52.02 ID:dQLcvz850
最初にこういうことを意識したのは親の若い頃のアルバムを見たときだわ





去年、国際線の機内から地上を眺めていたとき同じようなことを私は感じました。

トルコからの帰りの、中央アジア上空。

夜明けの砂漠に、小さい電灯の明かりがポツポツとともったりするのが機内からよくみえました。

砂漠の真ん中で朝を迎えている人がそこにいるのかと思うとなんとも言えない気持ちでした。

どうして俺はそこにいなくてここにいるのか?とか、考えちゃいましたね。








風邪っぽいので家にこもり昔の写真の整理とかしてたら、どうもメンタル的にアレになってきた。

季節の変わり目は、気を付けないと・・・。

関連記事
.22 2011
日常 comment(3) trackback(0)

comment

フクモト
僕も海外に行くとそういう気持ちになりますね。窓の風景を眺めてると特に。台灣鉄道での自分と風景の溶け込み具合というか、親和性?が強烈に強かった。居眠りして起きたら混ざり合ってしまうんではないだろうか…とか。
2011.11.22 22:46
あべ
「どうして俺はそこにいなくてここにいるのか?」という気持ちだよね。必ずしも海外である必要はない話なんだけど、海外だとより「IF」感つよいね。
2011.11.23 01:20
フクモト
台湾顔なのか、ガンガン現地語で話しかけられましたがぼーっとしてるとそんな気分になっちゃいますね。 お恥ずかしながらかわい子ちゃんに話しかけられた時は恋の予感を感じちゃいましたよ。はい。
2011.11.24 22:58

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://abahen.blog129.fc2.com/tb.php/162-88085418

ぷろふぃーる

京都在住の阿部です。 地図と薀蓄で一杯やりましょっ なんとなくデザインをもとに戻しました

リンク

カテゴリ

最新コメント

ブラグ ウポン タンブラ

National Geografice 今日の写真

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。