スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

エクストリーム・スポーツ!

またゴキブリ?

という話であるが、またゴキブリである。

まえに書いたゴキブリ都市伝説に続きがありすぎて、抱えていられなくなってしまい、さらに産卵することにしてしましました。ごめんなさい。


※今回の投稿でも、当ブログの厳粛なるモラルポリシーに照らし、公共良俗に反すると思われる画像についてはブログ内への貼付けを行っておりません。

が、リンク先サイトではそのようなな画像・動画が無造作に陳列されているおそれがあります。
記事中では「グロ注意」などの警告は繁雑を避けるため記述しておりませんが、リンク先の閲覧についてはあくまでも、自己責任で行って頂くようお願いいたします。




①ゴキブリという名前は誤植から生まれた

wikipediaにも記述があるが、本来は「御器かぶり」が正しく「ゴキブリ」は元はフリガナの誤植が起源らしい。1884年出版の『生物学語彙』での誤植がその後の教科書で継承された結果が今の状況とのこと。随分杜撰な話である。


②ゴキブリは比較的放射線に弱い昆虫である。

 弱いとはいっても、人間の致死量の20倍の被曝には耐えられる。しかしショウジョウバエで64倍、ヤドリバチには人間の180倍の耐久力があるとのことで、「あらゆる放射性照射実験において対象とされた他の昆虫と比べて、ゴキブリは意気地なしであることが明白に証明されている」んだそうな。
 ちなみに、ちなみに最強の耐放射線性生物としてギネスブックに登録されている「ディノコッカス・ラディオデュランス」はゴキブリの繁殖能力を奪うレベルの1000倍の放射性廃棄物のなかでも楽々と繁殖するという。


③ゴキブリの生食いコンテストで入場者倍増キャンペーンを行ったテーマパークがある

 イリノイ州のテーマパーク"six flags great amelica"では2006年のハロウィーンに「ゴキブリは限界挑戦へのパスポート」と銘打った入場者倍増キャンペーンを行い、マダガスカルオオゴキブリの生食いの世界記録に挑戦したんだそうな。
楽しげな生食シーン画像を含む記事もネットには残っている。
 しかしギネスブックに記録されたマダガスカルオオゴキブリの生食いの世界記録36匹の更新はならなかった様子。ちなみに、その偉大なるギネス記録保持者ケン・エドワーズの楽しい生食シーンはyoutubeで動画をご覧頂けるようである。

【参考】
 【グロ注意】 最も気持ち悪い10の世界記録


④ゴキブリは3億年を生き延びた「生きている化石」である

 有名な話であるが、ゴキブリの出現は古生代石炭紀に遡り、原生する昆虫の中でも最古参の部類に入る。ちなみに古生代といえば翼長70cmの巨大トンボ(メガネウラ)や体長2mの巨大ムカデ(アースロプレウラ)など巨大節足動物の時代として有名であるが、ゴキブリは最大でも10cmくらいだったらしく意外にも現生種の最大サイズとあんまり変わらないそうだ。
 ちなみにダンゴムシの仲間「ダイオウグソクムシ」さんは最大で体長50cmにもなるとのことである。ショコたんも両手で「深海生物キモスワールドのイケメンダークヒーロー的存在のカリスマ」を掴んでご満悦だったようだ。
 ようつべに挙がっている動画もいい感じ。




<参考文献>

以上、穏当な範囲でゴキブリトリビアをとりあげてみました。

しかしながら、さらにこの道を追求したい!たとえば早速youtubeで「ゴキブリ」と検索してみたい!という諸賢も多数おいでのことと思いますので、取り急ぎおすすめの書籍を紹介いたします。

言っとくけどこっから先はエクストリームスポーツだかんね!




ゴキブリだもん―美しきゴキブリの世界ゴキブリだもん―美しきゴキブリの世界
(2005/03)
鈴木 知之

商品詳細を見る


本をめくって3ページ目から、ソテーされたゴキ様が大アップで皿にのって出てくる邪悪な写真集である。とはいえ、基本的には森林に生息する野生ゴキブリの綺麗な写真が多いしふざけた本ではない。ヒメマルゴキブリが赤ちゃんゴキブリを慈しむシーンと、クロゴキブリとチャバネゴキブリのかき揚げそばの実食シーンは久しぶりにガツンときた。




ゴキブリだって愛されたい 昆虫たちの都市伝説ゴキブリだって愛されたい 昆虫たちの都市伝説
(2010/06/23)
メイ・R・ベーレンバウム

商品詳細を見る


邦訳に問題があって読みづらい本だけど、「昆虫たちの都市伝説」の虚実が詰め込まれてるので面白い。



ちなみに毎回このようにしてamazonのアフィリエイト広告を貼ってみてますが、信じられないくらい僅かしか本は売れていません。(まあ俺自身もたいていの場合図書館で借りるのだが。)

ごくたまにamazon様から頂戴する「本売れたから手間賃25円やるわ」というメールを励みににこうしてシコシコアフィリを貼っている状態であります。
関連記事
.04 2011
未分類 comment(0) trackback(0)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://abahen.blog129.fc2.com/tb.php/132-b323f731

ぷろふぃーる

京都在住の阿部です。 地図と薀蓄で一杯やりましょっ なんとなくデザインをもとに戻しました

リンク

カテゴリ

最新コメント

ブラグ ウポン タンブラ

National Geografice 今日の写真

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。