スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

検索、しますか?

チュニジア、エジプト、リビア(そろそろバーレーン?)

アラブの「革命」みなさんどう思いますか?
ネットでチェックしてますか?


ネットが果たしている役割をすごく評価する人もいるし、いやネットはあくまで媒介であって、長年の抑圧に物価高で国民生活が破綻した事が真の原因、と言う人もたくさんいます。



そういう分析は別として、私にとっての衝撃は「目の前に現実をつきつけられる」ことの驚きと恐怖です。



ネットで「検索」というパンドラの箱をあけると、すぐに恐怖と混沌が噴出します。

私はうっかり政府支持派にみせしめとして火炙りにされた黒こげ死体を囲んで絶叫する反政府派や、街頭で無抵抗な市民の頭が吹っ飛ばされる映像を見てしまいました。
もちろん、youtubeで。

(リンクは貼りませんよ。)


チュニジアは無血革命に近かったものの、エジプト、リビアと政権がタフな国に展開するにつれ革命はますます凄惨になっています。

ルワンダで50万人のツチ族が虐殺されたと言われてもピンとこないけど、目の前で人が死ぬのを見てしまうと激しい感情が生まれます。言い古されたそんな「認識の壁」が破られることが本当に革命的なことであり、恐怖、まさにパンドラの箱だと思います。


日本では、宮崎県での家畜伝染病(口蹄疫と、鳥インフルエンザ)が大変話題になりました。
口蹄疫では28万頭の家畜が殺処分され、貴重な種牛を生かすか殺すかで大問題になりましたが、なんと隣の韓国ではすでに270万頭が口蹄疫で殺処分され、しかも400万頭の鶏が鳥インフルエンザで殺処分されて、滅茶苦茶になっています。

韓国、口蹄疫拡大止まらず 過去最大、270万頭処分

ここでも認識の壁はあるわけで、28万頭と270万頭の「残酷さ」の違いは数字をみても感じられません。
しかし、ここでも私はうっかりと韓国で何百匹もの豚が生きたままショベルカーで生き埋めにされていく映像を見てしまい、その「数字」の裏にある現実の一端をのぞいてしまいました。

(韓国では殺処分頭数があまりにも多すぎるため、「丁寧な」殺し方ができないのです。)


倫理観がレイプされるような体験です。




「検索、しますか?」


関連記事
.07 2011
社会 comment(0) trackback(0)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://abahen.blog129.fc2.com/tb.php/101-7df3a7f3

ぷろふぃーる

京都在住の阿部です。 地図と薀蓄で一杯やりましょっ なんとなくデザインをもとに戻しました

リンク

カテゴリ

最新コメント

ブラグ ウポン タンブラ

National Geografice 今日の写真

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。