スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

google+の本格化を踏まえてネット利用のフロー見直し

twitterもfacebookもブログもたいした閲覧者がいないのに大げさとは思うのだけど、ここ最近各種SNSの進化が著しいので、その利用をここで一旦整理して見ることにしました。

twitter、facebook、mixi、google+、はてな、tumblrといっぱいあり過ぎで混乱してますから。

ただし、各々のサービスは毛色もちがっているし、うまく間合いをとって使えば問題ないと感じています。その間合いの取り方について自分なりの考えを以下書いてみます。




まずは現状の課題を以下のように整理しました。

<課題一覧>

・情報の洪水をフィルタリングした上でinputし、どう自分の役にたつものをピックアップするか。
(毎日何百回も更新される購読中blogをどう読みこなす?)

・刹那的・娯楽的なネット利用と、情報収集や考察での利用をどう棲み分けるか。

・ある程度構造化されたinputを踏まえて、どのような成果物に落としこむか。

・成果物をどう共有するか。効果的にoutputするか。

・成果物はアーカイブとして再利用(evernoteに保存)するので、その再利用性も考慮。




上記を踏まえ、webサービスの現在の利用状況をチャートに落としてみました。

feed flow

私の中では、publicなゾーン(facebookやtwitter)よりもむしろinputのゾーンが非常に重要でして、定期購読しているblogやwebサイトの更新が一週間で1500くらいに達するのですがその洪水を飛ばし読みすることがoutputよりずっと大事な活動なんですよね。

ですので、洪水のフィルタリングに利用しているgoogle readerと関連製品は極めて重要です。




そんな中で、googleからgoogle readerの新デザイン移行とソーシャル機能のgoogle+移行がアナウンスされました。

「Google Reader」が来週新デザインに、ソーシャル機能は「Google+」に移行

google+が出たときはこれ以上SNSが増えるのは如何なものか・・・という感じで私達が、readerと機能統合が進むのであれば話は別と思いました。readerのの昨日は情報の収集・整理・保存ですがそこに共有がプラスアルファされるのであれば、googleのサービス内で一連のネット活動が完結する利便性を享受できるように思われます。

また、google+には投稿する際に公開範囲を選ぶ機能もありますので、公開範囲のスイッチンングを使ってoutputをうまくコントロールしてみたいなという気持ちになりました。

このようなgoogle+の利点を踏まえて、フローを再構築してみたのが以下の図です。

feed flow2

実際にまだ上記のreader/plusの連携強化はリリースされていないので、リリースを踏まえて見直しが必要ですが、理想としてはこんな感じにしたいです。




あとはTumblrですが、ネタ画像の収集にやはり今後も欠かせません。

(Tumblrについての過去の記事)

tumblrをもういちど振り返る

Tumblr Mosaic Viewer


おもいっきり娯楽的で堕落したネット利用のツールとしてtumblrを愛用したいと思っています。
そうした「まじめ・ふまじめの棲み分け」と整理した状況が以下の図です。

feed flow3




残念ながらmixiはすでにほとんど閲覧しておらず、今後も時間をとってまで閲覧することはないと思いますので、その点はあしからずご了承ください。

google reader/plusのアップデートも踏まえ、ブログ自体も引越しすることになると思います。



関連記事
スポンサーサイト
.31 2011
Web comment(2) trackback(0)
 HOME 

ぷろふぃーる

京都在住の阿部です。 地図と薀蓄で一杯やりましょっ なんとなくデザインをもとに戻しました

リンク

カテゴリ

最新コメント

ブラグ ウポン タンブラ

National Geografice 今日の写真

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。