スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ブログのテンポ

ブログというか、web上の個人が発信するコンテンツは、だんだん断片化していってるよね。

web流行りはじめといえば、トップページを開けば





      「マサユキの秘密部屋」

~ここからは完全に僕の趣味の世界です~




 ディープな世界ですが、足を踏み入れますか?
ENTER

     今日の迷いこんだ旅人達 |1|2|3|0|名





んでクリックしたらでかい音でmidi音源が鳴る


みたいな。
言わば1サイト=1コンテンツみたいなサイトばかりだった。(そういう哀愁サイトはまだあるけどな!)
1サイト=1作品ってかんじなので、web全体のテンポがすごくおそかった。



んで、その後ブログが流行るんだけど、ブログはコンテンツ=1記事(コンテンツ)の対応なので、

ブログのポスト→引用→ブログ→ブクマ

ってな感じでテンポアップが浸透していったと思うんだ。


twitterのようなマイクロブログが流行は、その早いテンポの浸透の結果なのだろう。
早くたくさんの人に伝えたいっていう、そのテンポがどんどん速くなる。


リアルタイムwebってやつは、そういうアッパーなもんだと私は思っています。
だから、ちょっとtwitterは気に食わない。
喧しさに萎えてしまう。



ここでテンポの遅い世界を振り返れば、そこには書籍というのがあります。rssなどで配信される数百のブログをななめ読みしたあと、書籍に戻ってみると、これはこれでやっぱりいんだよね。ほっとする。いやむしろ、ブログをたくさん流し読みすればするほど、ゆったり本を読むのは気持ちよくなる気がするんだ。

たぶん人間のアテンションって、奴には速筋と遅筋みたいのがあり、あとはストレッチも必要なのであろうから、テンポの重層性がwebには必要だと思っています。そういう意味では、「まとめサイト」ってやつは自ずから長短のテンポがミックスされた優れた器だなと思いますね。


ここ1ヶ月くらい、いろんなやり方でサーフィンしてみたんだけど、その中で、充実したネットライフってやつには、このテンポの重層性と、アテンションの緩急ってのが効いてくるなあって感じてきています。

そういう意識がでてくると、なんかマシンガンなコンテンツや投稿の嵐にも、なんか自分のペースで間合いがとれるなと思います。


またもう一つ気付いた事として、情報収集のあとには必ず成果物を作る癖を作ろう、(調べっぱなしはやめる、なんかマイルストーンを置いておく)という事があったんで、今回は長いのですが、書ききっておきました。


なんか増田チックでしたかね。
関連記事
スポンサーサイト
.30 2010
Web comment(0) trackback(0)
 HOME 

ぷろふぃーる

京都在住の阿部です。 地図と薀蓄で一杯やりましょっ なんとなくデザインをもとに戻しました

リンク

カテゴリ

最新コメント

ブラグ ウポン タンブラ

National Geografice 今日の写真

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。