スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

些細なことでケンカする人たち

結婚したてのカップルの愚痴というのは、はたから聞いていると「そんなことでケンカしたの?」とあきれてしまうようなことが多いものです。
でも、こういうことは長年の習慣や育った環境で醸成された感覚がもとになっているのでなかなか簡単には解決しなさそうです。

例えば、

うがいを台所で、しかもイソジン入れてするなんて信じられない!とか
脱いだ靴下をソファーの奥に突っ込む癖がゆるせない!とか
納豆食べた箸で果物を食べる感覚が理解できない!とか
無神経(と感じた)ことで生じるいさかいってパターンがあります。

あるいは逆に
散らかってるように見えても自分の中では秩序があるのにすぐ掃除しろと言われるのがきにくわない、とか
ちょっと賞味期限すぎてるだけでバシバシ食品を捨てるのが嫌、とか
衛生放送の契約をお試しでしただけで「無駄遣い」とケンカになった、とか
相手の几帳面から感情悪化するパターンもよくあると思います。




こういう「些細なこと」というのは、それがどっちになろうと死ぬわけでも大損するわけでもないのにも関わらず、ストレスのもとになり、脳のリソースを消費させ、そして幸せな共同生活を蝕むいさかいに元になることすらあります。

仕事でも同じ事で、
「行間が微妙にそろってないのが許せない」とか
「フォントがちょっと揃ってなかっただけで資料を全部やりなおしさせられた」とか
「資料のホッチキス止めはナナメじゃないと許せない」とか

どうでもいいと自分は思っても、同僚のストレスのもととなるなら、やはりそういう些細なことでも気にする必要があるかもしれません。

こういう些細なこと世の中にあふれていますし、ストレスの原因となり、生産性を低下させ、チームワークを蝕む原因となったりするので厄介です。





考えてみるに、そうした「些細なこと」のストレスは、人間の脳の動き方に由来するがゆえに簡単にはなくならないのかな、と思います。

というのも、人間はできるだけ「自動化」して物事を考えたり判断したりしようとする生き物であり、また一度自動化したプロセスを変えることに強いストレスを感じる傾向があるからです。

例えば、「うがい」や「納豆のついた箸」を「汚いモノ」と分類して「キッチン」や「果物」を「キレイなモノ」と分類している人は、両者が混ざることをとても嫌がります。

「この台所は広いし、飛沫が飛ばないようにそっと水を吐いているし、そもそもちょっとくらい飛沫が飛んでも感染症の原因になることはないだろうし、ここでうがいしても誰にも影響はないな。」とか
毎回考える人はそうはいません。

自動化されたカテゴリ分けや、ルール、タブーでほとんどのことを判断するとおもいます。


また人間社会は、文化という名の「自動化パターン群」に制御されています。
そのパターン群こそが、我々を無限に続く思考や議論から開放してくれます。
「玄関で靴はぬぐもの」というルールですが、「靴をぬぐべき場所を家の中で明確化する」というルールや「如何に靴底を洗おうとも土足は土足である」などなど結構細かい不文律に支えられており、それらは親から躾されたり見様見真似で覚えたりして一度そのルールを覚えれば、玄関という「キレイ・汚い」の明快な分界点がうまれ、それについて他者と議論する必要がなくなります。

私は子供の頃、玄関以外の場所から家に入ることに抵抗感があり、ベランダから入るとなんとなくタブーを侵している感覚がありましたが、それは「玄関」という清濁の分界点以外から「家」という境界に侵入する感覚があったからなのでしょう。

またその「境界」という感覚がまた、長い進化の中で培ってきた、なわばりというプログラムと関係しているところも味噌だとおもいます。(この話はこれだけでだいぶ長くなるので割愛します。)

そういう意味では、「常識」という大型ルールブックに書いてないが習慣化されている家族内「文化」の衝突が新婚のいさかいなわけで、それが大きなストレスのもとになるのも動物としての人間にとって宿命なのかもしれません。






<追記>

いわゆるコミュ障とか、ゆとり的な行動とかって、こういう「見えない自動化」が原因になっていることが多いように思います。
X=Yというパターンが強固にできている人(そしてそのパターンが外から見えづらい人)と話すのはとても骨がおれます。

いわゆるコミュニケーション力が高い人、というのはX=A,B,Y,Z、人によって色んなパターンがあることを理解しつつ無言のうちに他人のパターン認識にアジャストしてくる人のように思います。

私はこういう「他人の中に巣食ったパターン」を見つけることがとても好きだし、フィールドワーク感覚で楽しめますがね。

だからといってコミュ強者だと言いたいわけでもないですが。




<もう一つ追記>
フォントや行間をきっちりそろえないと許せない、という話の説明が抜けていました。
これは行やフォントというのが人間のパターン認識に深い影響を及ぼすことの裏返しだと思います。
フォーマットの小さなズレは(むしろ小さなズレこそ)人間のパターン認識能力に大きな負荷をかけるのでしょう。

そういう意味では「几帳面な上司」は正しいといえますが、まあクオリティが必要な場面とそうでない場面を判断して指示がだせない上司はホントつらいですよね。

コンテンツ⇔体裁のバランス感覚が上手で、体裁を気にせずポンポンとコンテンツを吐き出すこともできれば、カチッと体裁の整ったドキュメントも作り込める人を見ると「うっはー仕事できるな」と感心してしまいます。
スポンサーサイト
.29 2012
社会 comment(2) trackback(0)

結婚ってハンコさえあればできるんだっけ?

前回のブログを読み返して、ちょっと気になることがあったので訂正というか、言い訳。

私が両親の「世帯」に加入することにより保険料の計算方法が変わることにより大幅減額することが原因でした。
(書類上のテクニックで税金や公共負担が減ったりする制度、というか繁雑さにはカフカ的不条理を感じますが。)


なにを言っているのか???なことを書いてしまったと思いました。私がいいたかったのは、「世帯」だったり「個人」だったり「法人」だったり、行政書類上のアイデンティティというのは奇妙でときに不条理なものだ、ということなのですよね。



知らない女が妻になっていた件


婚姻届って印鑑さえあれば夫婦どちらか一人だけで提出しても簡単に受理されることを悪用された・・・という話です。

そんなに簡単に結婚相手の了承なく婚姻届の提出って可能なんですかね?
ストーカーに勝手にだされるとか、死亡寸前の富豪未亡人をねらって婚姻届だすとか、色んなパターンですぐ悪用されそうですが・・・。

既婚者のみなさん、やっぱ婚姻届ってそんなものでしたか?
教えてください。
.26 2012
社会 comment(0) trackback(0)

小さな世帯で生活するリスク

実家に帰ってきてニート同然の暮らしをしていると、実家暮らしの快適さとコストメリットについ安住してしまいそうになります。
親が建てた家は集中暖房ガレージ風呂つきで家賃タダですし、車もあればBSアンテナもあり実に快適です。
しかも家賃は発生しません。

加えて、こちらに引っ越す際にわかったのですが、国民健保の保険料が月1万近く下がったんですよね。これは札幌市の保険料が京都に比べて若干安いことに加えて、私が両親の「世帯」に加入することにより保険料の計算方法が変わることにより大幅減額することが原因でした。
(書類上のテクニックで税金や公共負担が減ったりする制度、というか繁雑さにはカフカ的不条理を感じますが。)

家族集住のメリットは衣食住くらいのものだと思っていましたが、社会保険料・公的扶助/負担などの法制度的側面も含めて「家族がバラバラで暮らすコスト」というのは思いの外高いものだと改めて認識した次第です。




そんな中で以下の記事を読みましたが、格差拡大の要因のひとつとして大家族の減少が指摘されていて、とてもおもしろい視点だと思いました。


日本は大家族制に戻っていく?

日本でもむかしは祖父母、父母、子ども夫婦、孫の4世代が同居するのがふつうで、世界の多くの国々ではいまでも大家族が一般的な居住形態です。貧しい国では家族がいちばんの安全保障で、みんなが身を寄せ合って暮らしているのです。

大家族では、一人あたりの生活コスト(住居費や食費)はきわめて安くなります。夫の給料で妻と子どもを養う核家族や、家や食事などすべての支出が個人単位の一人暮らしでは、当然、生活コストは高くなります。

ひとびとの暮らし方が核家族や一人暮らしに変わっていくにつれて、生きていくだけで精いっぱいの(家賃と食費を払ったらなにも残らない)ひとたちが増えていきます。単身世帯や母子家庭が多くなれば、経済格差も広がっていくのです。


ワープワや母子家庭などの経済弱者が都市部を中心に増加していると言いますが、見方をかえれば小規模な世帯で生活するライフスタイルのコストが彼らを経済的窮地に追い詰めているともいえます。

まあだからと言って「親元や田舎に帰れば解決するじゃん。」というつもりもないですし、私が住みやすい実家を離れて10年以上単身生活を送っていたのと同じように、人それぞれにライフスタイルを選ぶ自由があります。

しかし、経済格差の拡大と公的福祉の破綻が進めば大家族制へのゆり戻しがありうると論が続きます。

それに対して、核家族化や単身化にともなう経済格差の拡大は簡単に解決できます。

成人しても実家で暮らす“パラサイト”が話題になりましたが、これはきわめて経済合理的な選択です。国家の提供する安全保障が不安定になれば、日本はまた大家族制の社会へと戻っていくのかもしれません。


我々が自由にライフスタイルを選択して「家族のしがらみ」から比較的自由でいられるのも、社会福祉など国家の(または企業などが)提供する安全保障を前提にしているにすぎないということですね。



とはいえ、安全保障というもたれ合いの単位として、「家族」だけを想定するのも違和感はあります。
私としては「ルームシェア」とか「ケアハウス」とか、(あとは「ギークハウス」とか?)色んなかたちで相互扶助とライフスタイルの両立をはかることができるのではないかな、という気がするからです。

家族というのは運命共同体としては強固になりうるでしょうが、これからの時代に血縁関係以外でも色々と共同体をつくる手段はあるでしょうからね。



国家が財政破綻した「有事」の世界でそういう甘いことを言っていられるかはわかりませんが、突っ込んだ相互扶助やネットワークをつくっていくことが、国家に依存しない「安全保障」の一つなのではないかと思っています。




.25 2012
社会 comment(0) trackback(0)

「~させていただく」社会はイヤだ。


仕事をしていると、言葉遣いについて、とくに敬語について考えさせられることが多かったです。


たとえば、私の上司で、メールに女の人がでるときはいつも「○○女史」と書く人がいました、

例)「田中女史からもご指摘を受け、早急に対応しております。」

「女史」という言葉はポピュラーではないし、大げさな印象だったので、違和感が拭えない。
とはいえ、「山下氏」と書かれていると男性だと先入観で判断されかねないし、その意味では
正しい方針にも思えたので、メールを読むたびにモヤモヤッとしたものです。

「さん」付けは敬意の表現であると同時に好意や親近感も
表現してしまうために、ビジネスや報道の場面では適切でないことが多いのですよね。

新聞記事では男性、女性ともに「氏」が付けられる傾向にあると思いますが、
「氏」は家父長制の歴史を背負うが故に男性のニュアンスをもちかねません。

日本語の欠陥と言っていいと思いますが、難しいなと思いました。




ちなみに、日本語における敬称というのは、古来役職や住処で表現していて
「さん付け」というのはとても新しい現象だと書いたことがありましたっけね。

京都人の「さん付け」




だけどそれ以上に、そして仕事をやめた今でも気になってしょうがない敬語があります。

それが「~~させていただく。」ってフレーズなんですよね。


「~させていただく」言葉が社会をゆがめる


「今日の時点で、ヒューマンエラーなのかシステム上のエラーなのか、どのように考えられていますか」という質問に対して当時の浜田靖一防衛大臣はこう答えた。

 「それも含めて確認をさせていただきたいと思います。(中略)皆様方にお叱りを受けるかもしれませんけども発射のための情報収集などに対してもう少しお時間を頂きまして、集中させていただいた中で、その後に今回のミスを検証させていただきたいと思っているところであります」

 本来なら「指示する」にも「集中する」にも、そして「検証する」にも、遠慮やへりくだりはいらない。必要なのは、迅速で確固たる意志であり「集中し」「検証し」と、ストレートに言うべきである。

 それがこんなへんてこなものの言い方をしていると「北朝鮮に抗議させていただく」などと言いかねない、というのが当時の印象だった。



改めて文字化すると笑ってしまいますけど、現場で聴くと相当フラストレーションがたまる言い回しですよね。

なにが「させて頂く」だよ!集中くらい勝手にすれや!と思います


変な敬語、というのはたくさんあるけど、どうしてもこの言葉だけは看過できません。
だけど、平気で使う人、いっぱいいるのよねー・・・・・。


私はできるだけへりくだることなく生きていきたいです。




「お客様」がやかましい (ちくまプリマー新書)「お客様」がやかましい (ちくまプリマー新書)
(2010/02/10)
森 真一

商品詳細を見る
.29 2011
社会 comment(7) trackback(0)

AU×iPhone4Sのみなさん、おめでとう(泣)

身の回りだけで、すでに5人がiphone4Sの発売をきっかけにAUへ転向する始末。iPodTouchで長年細々とiOSを使ってきた身としては複雑な気持ちです。

とりあえず怨嗟の声など。


iPhone4Sがとどめ、国内携帯端末メーカーの最終章(1)


 iPhone4S(16ギガバイト)の端末は本来5万円以上するが、通信事業者から多額の販売奨励金が乗せられているため、実質ゼロ円で購入できる。一方で、ほかの最新のスマホの端末代は3万円前後と、はるかに高い。

 毎月の通信料も、iPhoneのみに専用プランが用意され、その料金は他のスマホより500~1000円ほど安く設定されている。KDDIのiPhone4Sを2年間使用した場合、端末代と通信料で合計4万円以上安く抑えられる(下表)。つまり、最も魅力的な端末が最も安い。これでは、他の端末が劣勢となるのも当然だ。

 iPhoneに多額の奨励金が乗せられているのには、訳がある。通信事業者はアップルとの契約時に、販売台数のノルマを課せられているとされ、そうとうの台数をさばく必要があるためだ。だが、あおりを食う国内メーカーは、「アップルばかり優遇されては不公平。iPhoneをゼロ円で売られたら、われわれの差別化にも限界がある」と、通信事業者への不満をあらわにする。


要するに、iphone4Sの端末代金5万円は、通信料などを通じて広ーく薄ーく全てのAUユーザーへ課金されているということですね。
本当にありがとうございました。




嵐の二宮くん「スマホにはFlashが見られるものと見られないものがある!」





だが俺は節を曲げるつもりなどない!!

「最強のApple製品」 - 品評 - iPod Touch 4G w/ iOS5
.21 2011
社会 comment(0) trackback(0)
 HOME 

ぷろふぃーる

京都在住の阿部です。 地図と薀蓄で一杯やりましょっ なんとなくデザインをもとに戻しました

リンク

カテゴリ

最新コメント

ブラグ ウポン タンブラ

National Geografice 今日の写真

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。