スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

パムッカレ pamukkale

トルコでいったとこまとめ その②

パムッカレ

送信者 Trip in Pamukkale,Turkey. Sept 2010



大きな地図で見る

上の地図で、村の北東に白いつばさのようなものが見えるけど、それが上の写真の石灰岩の「城」なんです。

送信者 Trip in Pamukkale,Turkey. Sept 2010


↑ローマの遺跡の上に湧き水をためてプールにしている!


送信者 Trip in Pamukkale,Turkey. Sept 2010

送信者 Trip in Pamukkale,Turkey. Sept 2010


ちょっとこの少年のおもしろさは写真じゃ伝わんねーっすw



送信者 Trip in Pamukkale,Turkey. Sept 2010


ローマのでかい遺跡もあるんだ。



送信者 Trip in Pamukkale,Turkey. Sept 2010

石灰岩が、ゲレンデみたいになっているので、照り返しでやばいくらい日焼けする。
ただし石灰岩の棚はやっぱり観光客の増加でだいぶ損傷と色の変化があるみたいで、夢に見るほどキレイとまではいかなかったな。

送信者 Trip in Pamukkale,Turkey. Sept 2010


トルコのアイスといえば「ドゥンドゥルマ」
結構かんたんにつくれるっぽいよ。(つくんないけど。)


送信者 Trip in Pamukkale,Turkey. Sept 2010


トルコのイヌってばみーんな従順すぎ!


送信者 Trip in Pamukkale,Turkey. Sept 2010

そんでイスタンブルへフライト。
スポンサーサイト
.19 2010
トルコ comment(0) trackback(0)

ダルヤン Dalyan

トルコで行ってきた場所まとめシリーズ①
西南部のリゾート地、ダルヤン


送信者 Trip in Dalyan,Turkey. Sept 2010



大きな地図で見る

送信者 Trip in Dalyan,Turkey. Sept 2010


この浜辺は亀の産卵地で有名なんだわ


送信者 Trip in Dalyan,Turkey. Sept 2010


街はヨーロッパからのリゾート組(おっさんおばさん)ばっかり。完全に浮いてしまった。


送信者 Trip in Dalyan,Turkey. Sept 2010

ジープサファリに参加した。

送信者 Trip in Dalyan,Turkey. Sept 2010


送信者 Trip in Dalyan,Turkey. Sept 2010

街のまわりは、ざくろ、オレンジ、ゴマ、とうもろこしの菜園が延々と続いてる。
全体にやっぱり乾燥してるけど、清流もあるんだ。

送信者 Trip in Dalyan,Turkey. Sept 2010

送信者 Trip in Dalyan,Turkey. Sept 2010



送信者 Trip in Dalyan,Turkey. Sept 2010

いいところに泊まったけど、メシは「いかにもオレが家でつくるような」ものがでた。
ちなみにトルコのビールはおいしい!です。
.19 2010
トルコ comment(1) trackback(0)

左目が青で右目が緑のしろねこ

むかし京都の街中で、左目が「青」で右目が「緑」のしろねこがいっぱいいる公園をみつけたことがありました。その公園のねこは全部、両目の色がちがってるんですね。

遺伝している突然変異かあ・・・?


とおもってました。

そしたら・・・
送信者 Trip in Istanbul,Turkey.Sept 2010

滞在中、イスタンブルでバスケットボールの世界選手権やってたんだけど、
そいつのイメージキャラクターがこれ!

ちなみに、「猫 両目 色」の画像検索結果

おもしろい現象です。



送信者 Trip in Istanbul,Turkey.Sept 2010

かの地じゃバスケットとフットボールが同じくらい人気みたい。


犬ってのは、海外だと、日本と全然ちがう「目」をしていてちょっと怖いんだけど、猫は万国共通のようにおもわれます。


送信者 ねこなど これくしょん


送信者 ねこなど これくしょん



.18 2010
トルコ comment(1) trackback(0)

「トルコは親日」の問題点

「トルコが非常に親日国」
というのは結構有名なことで、私も現地で確認しましたが、本当です。

「メルハバー(こんにちは)」
「メルハバー。」
「どこからきたんだ?」
「日本」
「おー、日本か!日本、日本。」(満足げな表情)
「はい、そうです。」
「日本人は友達だ。いい友達だ。」


こんな感じのやりとりを4回くらいは経験しているので、確かだとおもいます。
じいちゃんからコンビニの店員まで、結構似たようなな反応です。

だから、日本人はもっとトルコ旅行してあげてほしい。
だって今回旅行した中でほとんど日本人いなかったんだもん。韓国人ばっかり。
もっとトルコでお金を落としてあげてほしい。


まあ、それはいんだけど、私が思うにこの「トルコは親日」という現象ですが単純に喜ばしいことではないとおもうんですね。というのも、この現象はトルコの教育水準の低さまたは民主主義の未成熟の裏返しだと思うんです。

ここからはトルコ語のわからない私が、現地で抱いた印象でしかないことを先に言っておきます。




送信者 2010.9 トルコのたび(web)


↑「オジーオズボーン イスタンブールに上陸!」のポスターと「徴兵制賛成!」ポスター。

街頭の選挙ポスター、または歴史博物館の展示物をみておもったのですが、なんか一面的な表現が多くてその裏に葛藤や微妙なニュアンスがない感じがしました。

選挙については知り合ったトルコ人に教えてもらったのですが、いまトルコでは選挙が徴兵制の継続を大争点にしてたいへん白熱しているんだそうです。彼は「選挙の結果より、こういう内容が投票によって国民の選択で変えていけるようになったことがもっと重要なことなんだ。」といってました。


送信者 2010.9 トルコのたび(web)


↑徴兵制に賛成!のアドバルーン。

両陣営がつくった上みたいな広告(プロパガンダ)が街中にあるんです。
もう「徴兵制」という言葉すら、そこからは省略されていて

「 EVET!! 」(賛成!)

「 HAIER!! 」(反対!)

それだけが書いたポスターがあちこちにあるんです。



そして徴兵制以外の政治課題は影も形もありません。

加えて、徴兵制はなぜ必要なのかとか、安全保障がどうのとか、ナショナリズムがどうのとか、経済的な側面が云々とか、とかそういう「賛成」「反対」の前にある言説も、これらポスターには全然ない。
(書いてあるバージョンもあるのでしょうが、滞在中は私は見ていません。)

アンビバレンスがないんです。ちっとも。



そういうアンビバレンスの欠如、または「なぜ親日?」に対する理由の喪失が親日現象にも見られます。
だって、100年前の日露戦争のことやもっと前のエルトゥールル号遭難事件のことで、いまだにこんなに親日なんて、おかしいでしょ?

古色蒼然とした日本観で思考停止が発生したままになっている気がします。
反共教育がずっと続いてもいたでしょうし。


いまは8年に延びましたが、ずっとトルコの義務教育は小学校の5年のみだった時代がながく、そこから上位への進学率は低く識字率も高い国ではなかったということです。

またトルコ共和国は民主主義国といっても、軍の発言力が極めて強く政権の命運が選挙でなく軍の意向で左右されることがしばしばであったといいます。

実際のところ「トルコ共和国」の民主化はまだひよこの段階なのかもしれない。



だから、この親日という現象に私はアンビバレントな思いがあります。


送信者 2010.9 トルコのたび(web)


送信者 2010.9 トルコのたび(web)


↑「共和国記念碑」 下は軍事博物館でみた「トルコ建国の父」ことムスタファ・ケマルを称える絵画。


勝手な印象論でここまで語ってしまったのですが、クルディスタン他の問題含めて、まだまだトルコという国について日本人の理解も不足しているのでしょう。


トルコのもう一つの顔 (中公新書)トルコのもう一つの顔 (中公新書)
(1991/02)
小島 剛一

商品詳細を見る


.12 2010
トルコ comment(0) trackback(0)

トルコのネット事情など

前にちょろっと書いたけど、なんとトルコではバスでネットができます。

鉄道の発達してないトルコでは、バスがサービス、路線網ともに発達してる。

海外航空便についているような、座席ごとのパーソナルディスプレイシステムみたいのがあって、テレビ、ラジオがきけるしVODで映画が見れる。
こんなかんじ。
送信者 2010.9 トルコのたび(web)

しかもなんかUSBポートがついてる!!
トライしてみたが用途は不明だった。もしipodの充電なんかできたら最高すぐる。

さらには、このマシンで(すっごいトロいけど)ネットできるんだよね。
なぜなら、車内にはwifiの電波が無料で飛んでいるからねー。

日本では東海道新幹線でしかwifi使えないのに、なんでトルコではできるの??
   WHY!!!???


あと、街の広場などには大概TTNET(むこうでいうNTT)の有料wifiがとんでる。
今回はアタチュルク空港でipodから、申し込みして私も使ってみた。
プライスもリーズナブルだし、ナイスだとおもいます。(NTTの公衆無線LANはクソ!)


っていうかんじで、インフラはなかなかクールになっているんだけど、もしかしたらすでに知っている人もいるかもしれないけど、日本のネット安全性は世界で第3位 最も危険なのはトルコ
なんですってねwwww。
わらっちゃったわ。

国民性を感じなくもないです。

まあ今回も大概のPCにはアンチウイルスその他は入ってなかったかな。



送信者 2010.9 トルコのたび(web)

暗闇に浮かぶアヤ・ソフィアとFreeWifiスポット。Cool!!
.12 2010
トルコ comment(0) trackback(0)
 HOME 

ぷろふぃーる

京都在住の阿部です。 地図と薀蓄で一杯やりましょっ なんとなくデザインをもとに戻しました

リンク

カテゴリ

最新コメント

ブラグ ウポン タンブラ

National Geografice 今日の写真

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。